考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

私家庭園 2008年12月20日更新

私家庭園
【和:しかていえん
【中:Si jia ding yuan
面白テーマ|中国の庭園|>私家庭園

中国の古代の庭園には皇家庭園の外、官吏、豪商、地主などの個人の庭園があり、これを私家庭園と称している。私家庭園と皇家庭園は同じ時代に始まったといわれている。
明・清代に私家庭園の造営が盛んになり、その大部分は都市に造られた宅園で、築山や池をつくり、亭、楼、閣を建て、草花・樹木を植え、庭園全体が詩情、画意にみちている。明・清代の南部の私家庭園としては、無錫の寄暢園、揚州の个園、蘇州の拙政園留園網師園環秀山荘獅子林などが有名。
南部地区は造園のための自然、経済、人文など多くの条件をそなえているため、私家庭園は南部に多く集中している。北部の私家庭園と比べて、南部の私家庭園は空間の配置がより自然的で、水源が豊富なため水面が広い。庭園建築物の外観から見ると、南部の私家庭園建築物は軽やかで、瓢逸とし、庇が反り返って大きいのが特徴的。
南部の私家庭園で見られる主な植物は梅の本、ハクモクレン、ボタン、竹、エレの木、バショウ、アオギリなど。色は北部の庭園では灰色の瓦、灰色の壁、赤い柱、赤い扉・窓、緑の樹木、黄色い石、青い石が多く、色が鮮やかであるのに対し、南部の庭園では灰色の瓦、白い壁、茶褐色の柱、茶褐色の扉・窓、青白い石、緑の樹木が多く、色が浅くて柔らかい。出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.