博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 718|返信: 0

[陶磁器] 蓮華文磚-洛陽博物館

[コピーリンク]
発表 2015-5-2 11:13:07 | 全階表示 |閲覧モード
PR

蓮華文磚

蓮華文磚

蓮華文磚

1枚

幅33.6×33.6 厚6.7
唐・6世紀
河南省洛陽市玻璃廠工地採集
洛陽博物館
 粘土を型に入れて焼成したレンガの一種で、主に建物の床に敷き、装飾の一部としたものである。正方形や長方形のものがあり、当初はいずれも表面に彩色を施して仕上げていた。大きさや文様が少しずつ異なる類品が数多く知られており、多大な需要に応えるため、複数の工房において大量に生産されたものと考えられる。
 この遺品は、中火に蓮華交を大きく表わし、その周囲にパルメット風の唐草文を散らし、四隅に蓮華の側面影の文様を配置し、さらに、外側の方形区画に連珠文を並べて縁取りとしている。唐時代盛期の磚にもっともよく見られるタイプの文様で、おそらく蓮池などを想起させる吉祥文の一つとして、当時の人々にとりわけ好まれたものであったのだろう。発掘の経緯などは明らかでないが、唐の洛陽城内のいずれかの建物で用いられていたものと見られる。 
出所:中国王朝の至宝特別展 
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-11-20 14:45 , Processed in 0.300498 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ