博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 997|返信: 0

[書画] 集王大唐三蔵聖教序-明拓-京都国立博物館-上野精一

[コピーリンク]
発表 2013-6-4 14:27:30 | 全階表示 |閲覧モード
PR

集王大唐三蔵聖教序-明拓-京都国立博物館-上野精一

集王大唐三蔵聖教序-明拓-京都国立博物館-上野精一

集王大唐三蔵聖教序(明拓)

中国
時代:唐  7世紀
西暦:672
材料:紙本墨拓
寸法:縦26.5cm  横14.1cm
所蔵者:京都国立博物館
寄贈者:上野精一
印章:咸亨三年(672)建碑
     咸亨三年十二月、僧懐仁(かいにん)が玄奘(げんじょう)の訳経に対して唐太宗(たいそう)から下賜された「大唐三蔵聖教序(だいとうさんぞうしょうぎょうじょ)」と唐高宗(こうそう)の「述三蔵聖記」、これに『般若心経』を加え、書聖王羲之(おうぎし)の行書を集字して石に刻し、長安の弘福寺(ぐふくじ)の境内に建てた碑の拓本。書の名品としても名高く、原碑も西安碑林博物館に現存している。
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-3-27 15:47 , Processed in 0.109417 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ