博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 815|返信: 0

[彫刻] 會津-男子俑首-加彩-灰陶-早稲田大学會津八一記念博物館

[コピーリンク]
発表 2013-3-8 18:08:08 | 全階表示 |閲覧モード
PR

會津-男子俑首-加彩-灰陶-早稲田大学會津八一記念博物館

會津-男子俑首-加彩-灰陶-早稲田大学會津八一記念博物館
【會津コレクション】男子俑首
名称よみ      ダンシヨウシュ
時代:前漢時代  (BC202-AD8)
技法:灰陶
色彩:加彩
高さ:9.5㎝
  髪を七三に分けた男性俑の頭部である。頬がふっくらと豊かな丸顔で、顔面の中心寄りに眼・鼻・口をこぢんまりとまとめ、浅い凹凸で表す。耳は輪郭だけをかたどった板状を呈する。髻はなく後頭部は平らで、側面感は扁平である。前後の合わせ型でつくられたため、頭部や耳の下部でバリが出ており、さらに頭頂部左右に亀裂がみられる。頭髪の墨彩はよく残っており、眉・眼の墨描きや唇の朱も僅かに残っている。
所蔵:早稲田大学會津八一記念博物館
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-3-25 16:43 , Processed in 0.108829 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ