博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 948|返信: 0

[彫刻] 會津-坐女俑-灰陶-加彩-早稲田大学會津八一記念博物館

[コピーリンク]
発表 2013-3-8 17:06:06 | 全階表示 |閲覧モード
PR

會津-坐女俑-灰陶-加彩-早稲田大学會津八一記念博物館

會津-坐女俑-灰陶-加彩-早稲田大学會津八一記念博物館

【會津コレクション】坐女俑
名称よみ      ザジョヨウ
時代:前漢時代  (BC202-AD8)
女性、灰陶、加彩、坐像
高さ:15.7㎝
  帽子を被って広袖の衣をまとい、合掌して跪坐する坐女俑である。顔は摩滅が甚だしく低い鼻と眼のあたりが窪む程度で判然としない。頭部に比して体躯が細く、膝の厚みも薄い。頭髪部には墨彩が施され、右手には墨線で指を描く。衣の襟や袖口には茶褐色の彩色が残っている。彩色はほとんど剥落し、部分的に下地の胡粉が残っている。型抜の技法でつくられている。
所蔵:早稲田大学會津八一記念博物館
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-7-25 21:30 , Processed in 0.130249 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ