博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1068|返信: 0

ハンガリー自然史博物館-Magyar Természettudományi Múzeum

[コピーリンク]
発表 2014-10-6 17:52:26 | 全階表示 |閲覧モード
PR

ハンガリー自然史博物館-Magyar Természettudományi Múzeum

ハンガリー自然史博物館-Magyar Természettudományi Múzeum

ハンガリー自然史博物館 (Magyar Természettudományi Múzeum)はハンガリー最大の自然史系博物館。
1802年にセーチェーニ・フェレンツ伯爵が文化・科学施設と国民的な図書館の基盤を築くため、個人の蔵書と貨幣コレクションをハンガリーの国民に寄付。この基金でハンガリー国立博物館とセーチェーニ図書館が建設された。 博物館の中、セーチェーニ伯爵の妻のフェシュテティチ・ユーリアの鉱物コレクションは後の自然史部門の基盤となった。
   1811年に最初の小生物学的なコレクションがライナー大公から贈られた。同年、ヨルダーン・アンナから最初の動物学的なコレクションも購入した。1818年にヨージェフパラディン伯はキタイベル・パールの植物標本集を購入し、植物部門の基礎を確立。変革時代のハンガリーの愛国的な雰囲気の中で、各種のコレクションは購入や寄付などによって着実に増加していった。ハンガリー革命が発生した1848年には、鉱物・岩石標本は約13000点、動物標本は約35000点に達した。 ハンガリー国立博物館の中で、動物学・鉱物学兼古生物学・植物部門は分離して、自然博物館となり、19世紀末までに博物学的な収蔵品の数がほぼ1000000点に達した。
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-3-25 16:43 , Processed in 0.138517 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ