博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 767|返信: 0

孫承沢庚子銷夏記語四屏-何紹基-観峰館

[コピーリンク]
発表 2016-1-13 12:33:01 | 全階表示 |閲覧モード
PR
0112.jpg
孫承沢庚子銷夏記語四屏
作者:何紹基

寸法:167.5×44.0cm
制作年:不詳
何紹基(1799~1873)、字は子貞、東洲または袁叟と号した。湖南道州の人。道光16年(1836)の進士。官は四川学政に至る。書は家学である顔 真卿を宗とし、金石碑版を広く学んだ。この作品は清の学者 孫承沢が自蔵の書画、碑版について考証論評した「庚子銷夏記」の一説を書したもので、書法は 「有清一代の巨腕」と評された何紹基特有の粘りがあり且つ伸びやかな自由闊達な線を用いた魅力溢れるものである。
所蔵:観峰館
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-8-18 11:51 , Processed in 0.117617 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ